みんな笑顔!?レジェールシグネチャーを徹底比較し厳選 2017年度

好みの問題ですが…。すぐに吹かなければならない場面ではとても重宝しています。以前のものと比較するのは難しいのですが!私のマウスピース(B45)に合っているようで!良く鳴ります。

2月22日 オススメ商品!

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

レジェールシグネチャーLegereレジェールシグネチャー登場! 使えるリード。【メール便OK

詳しくはこちら b y 楽 天

そこで今回!シグネチャーの3 1/4を購入しました。2002年に!輸入の交渉をするため!カナダのトロント郊外にあるLegereの本社兼工場を訪問したことがあります。面白いのは会社の看板がなかったことで、「余計な人に来てもらいたくないからだ」と言っていましたが、自分たちの製品に対する強い自信を感じることができました。。ただ!最高音のBやCは出すのが難しく!これはLegereだからなのか!もう少し厚いものを使うべきなのか分かりません。練習用には!経済的で手放せません。その後楽器を吹かなくなり!最近!数年ぶりに引っ張り出して吹いてみるとLegere(硬さは3 1/2)が全然鳴りません。樹脂製ってどうなんだろうと思って頼んでみました。注文したものは自分には薄かったため、メーカーに取り替えを依頼し、とても早く対応していただきました。オーボエファゴットの奏者はリード作りに膨大な時間を費やしていますから、これが出れば彼らにとって福音になると思います。ひとつ残念なのは!当時から「もうすぐ出す」と言っていたダブルリードがいまだに出ていないことです。まったくの私見ですが!これは素材が硬いとか柔らかいではなく!「均一すぎる」せいではないかと思っています。やはり普通のリードがいいです。その当時はまだベンチャー企業の趣で、社員も少なく、数台のNCマシンを並べてリードを削っていました。当時滞在していたシカゴの楽器店で見つけて店員に評判を聞くと、「シカゴ響のラリー・コームズが公開レッスンで使っていたよ」と言うので試しに買ってみたところ、十分使えるので練習用に重宝していました。私が最初にLegereを買ったのは確か2000年で、もしかすると日本人としては一番早かったかもしれません。もしかすると、こういうものにも経年変化があるのかもしれません。)ところで、Legereは合成リードとしてはとても優れていて、実際これを使ってCDを録音しているアーティストもいるとのことですが、私の経験では、やはり「良い」ケーンのリード(これがなかなかないのですが)にはかなわないように思います。リード1箱分の値段なので厚さだけは後悔の無いように選ばないと!使えませんよね。細かいサイズがあるのも嬉しいです。(私は普段Vandorenの3 1/2を使っていて!Legereのホームページのチャートによると!これは3 3/4ぐらいに相当するようです。1回だけですが、合わないときには交換してもらえるのでありがたいです。その時「日本でも必ず売れる」と言った手前!今日Legereが日本で定着しているのを見るのはうれしい限りです。天然のケーンには、筋の部分と柔らかい部分があって、「腰」と言うか「切れのよさ」のようなものが感じられ、それが倍音構成やタンギングへの反応に影響を与えているような気がします。